お山のコマドリをAdobe DNG Converterで現像

野鳥遠征で写したコマドリです。

5年前はこの場所に沢山のコマドリが渡って来て、縄張り争いで色々な囀をしたが、最近は1個体のみで渡ってくるようで縄張り争いが必要ないようです。

私は以前購入して使用しているAdobe CS6でパッケージ版の最終版で、最高に満足していて、これ以上必要が無いと自負しています。

難は最新のカメラが出るとCS6のCameraRawでは現像が出来ません。

最近購入したキャノン5DマークⅣはAdobe CS6のCamera Raw は対応していません。


Rawで現像はキャノン純正のDPP
で現像するが快晴のコントラストが強く明暗度がきつい写真は今まで使用していたカメラは CS6のCameraRawで現像していました。

最新のAdobe CCにすればよいがAdobe CS6で十分ですがCamera Rawの明瞭度が5DマークⅣで撮影した画像を現像できないのは困ります。

その為だけにバージョンアップしAdobe CCにする必要性が考えられません。

そのためにAdobe で最新のカメラに対応品できるDNG Converterで変換アプリをダンロードして現像していますがひと手間かかるが CS6のRAW現像ソフトで使用できてコントラストが激しい写真のみを使用しているので、たまになので良しとしています。

新しいカメラが発売するとDNG Converterはバージョンアップしてくれるので之からもAdobe CS6を使い続けます。


普段はキャノンの純正ソフト、DPPで現像するが、今回の作品はコントラストが強い写真があったので、Adobe CS6のCamera Raw の良く使用する明瞭度の彩度下げられる素晴らしい機能で現像しました。

DPPのコントラストを下げるでは同じような色合いは出来なく又、フォトショップで調整しても同じようにならない為、大好きな機能です。

太陽がギラギラでコントラストが強い被写体にはAdobe CS6のCamera Raw の明瞭度は最高の武器です。


1回のみ囀りましたが尾羽は開きませんでした。
d0053309_20140055.jpg
d0053309_22132933.jpg
d0053309_22135657.jpg
d0053309_22142472.jpg

ご訪問有難うございます。

ブログランキングに参加しています。

ポッチッと応援クリックお願いします。



鳥ランキング
[PR]
by tsuchiya32s | 2018-05-20 22:15 | コマドリ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsuchiya32.exblog.jp/tb/26804836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 近くのヤマセミと遠くのヤマセミ ジッツオ カーボン三脚 5型 >>