人気ブログランキング |

ソニー製DSC-HX9V と ケンコー製クランプポッドPRO100のテスト

ソニー製の小型デジタルカメラDSC-HX9Vとケンコー製のクランプポッドPRO100を購入しました。

DSC-HX9VはGPS機能が付いているので撮影した場所で写真を写しておけば何処で写したかパソコンで分かります。
野鳥撮影は山の中を歩いて撮影するので次に行く時に役立ちます。
フルハイビジョンも綺麗だし役に立つカメラです。


d0053309_17372813.jpg以前はキャノンのIXYの小型カメラで動画を写していたが光学ズームの望遠側で撮影すると最悪な画像でデジタルズームを使用しているような感じなので広角側で使用していました。

この時はキャノンのIXYでフルハイビジョン機能が無くただのハイビジョンで2010年11月20日に初めてソニー製のサイバーショットWX5を購入しました。
使用したらスイングパノラマも凄いしてフルヒビジョンで風景の映像を映して望遠側で撮影しても画像が綺麗で広角側と全く変わりません。
流石、動画のソニーです。

野鳥の映像は望遠レンズが必要なのでキャノン5DマークⅡと600mmレンズで写していましたが野鳥のみの映像で作品にしてもいまいちで風景を入れると引き立ちます。

5DマークⅡと600mmレンズを使用して困ったことは動く野鳥はマニュアルでピントを合わすことが難しく無理でした。
止まっている野鳥しか写せません。
所が小型カメラのサイバーショットWX5はAFで野鳥を追うことが分かりましたが野鳥撮影に望遠側が105mmでは無理でした。


新しく発売したソニー製の小型デジタルカメラDSC-HX9Vはレンズの望遠側は385mm・・・野鳥の映像撮影にはばっちりです。

本日、テストで水辺の鳥を望遠側の385mmで撮影したがAFで野鳥を追ってくれピントが合います。
画像も綺麗で使えます。


d0053309_17403748.jpgソニー製の小型デジタルカメラDSC-HX9Vの望遠側が385mmでの撮影は映像を開始すると手振れ補正が利いている事がハッキリ分かります。
確かに応急的には最高ですが私はカチット止まらないと気にくわないので三脚を使用し揺れを止めたいが三脚を2つ持ってゆくのも・・・色々探しケンコー製の三脚クランプポッドPRO100を購入しました。


d0053309_17452314.jpgこのまま使用してもブレが無く写せるので良いが低いアングルしか写せません。


d0053309_1750014.jpg低いと前景に邪魔なものが写りこみ又、低い姿勢で構図を確認するのが辛く、付近を捜し高い場所に置ける物を探し置いて写すが、周りに何も無い時が多く困っていました。
普段使用している大型の三脚に取り付けられればと思っていたが探せばあるものですね。
クランプ式で固定でき撮影できるので重宝します。


d0053309_17522728.jpg猛禽類の撮影で車から降りれない場合があり又、警戒させないで写す時は車の中から手持ちで写すがブレが多く参ります。
ガラスにセットしてみました。
エンジンを止めればブレも無く映像を映せます。


d0053309_17544919.jpgガラスでは怖いので車のドアにも取り付けて見ましたがバッチリ固定できます。
一眼レフカメラに100~400mm位で撮影なら大丈夫そうです。


d0053309_17562764.jpgバイクに取り付けて走りながらの映像も良さそうですが外れたら最悪ですが面白そうですね。


d0053309_17572063.jpg色々な場所に取り付けられるのでブレ無い写真が写せそうで撮影に行ったらテストしてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
by tsuchiya32s | 2011-04-27 18:04 | カメラ機材 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsuchiya32.exblog.jp/tb/13467631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 南魚沼市 卯年大祭 菜の花とノビタキ >>