<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヤツガシラ

在庫のヤツガシラです。

賞味期限が切れたかな?(汗)

3連休の初日ですが、お彼岸です。
お墓参りにあちら此方の親戚に行ってきましたが道が混んでいて1日がかりでした。
明日は新潟にお線香をあげに行くので来週まで鳥撮り出来ないので在庫で更新です。m(__)m

2月の24日に情報を聞いて直ぐにヤツガシラ撮影に行こうと思っていたが用事が重なりボツ・・・次の休みは北海道撮影旅行でボツ・・・ヤツガシラは今までの経験上3日くらいで居なくなったので諦めていました。
北海道から帰ってきた日にまだ居る情報でエエーーでも次の休みは厳しいな~と思っていたら休みの前日に居たとの情報で3月の入って直ぐに行きました。

抜けたかなと思って行ったのでカメラマンが居るとホッとします。
ポイントで待機すると飛ぶ姿を発見したので居ることが分かり安心したが2時間以上待っても来なかったので駄目かと思ったら夫婦で来ている方の奥さんが見つけカメラを持って移動すると居ました。

処が目の前のフェンスと奥のフェンスの2重の障害物で写せなかったがヤツガシラ君はヒヨドリにビックリして置くのフェンスに上がってくれたので如何にか写せました。
人工物の上ですが久々に逢えて嬉しくなりました。
d0053309_2031782.jpg


カメラマンも3人で遠くから見ていたがヤツガシラ君の行動が大体分かり先回りして待機していたら飛んできて木に止まりました。
d0053309_206369.jpg


木に止まったヤツガシラ君は休憩して中々動いてくれません。
30分位動かないのでん飽きてしまい木の横で隠れて座っていたら急に目の前にゆっくり飛んできたがシャッター押せません。(ウーー)
目の前に着地した瞬間は写せました。
近すぎです。
d0053309_20102730.jpg


ヤツガシラ君も私の事が分かったみたいで下がって行きましたが平気で餌を食べていました。
私は木々の中に隠れて撮影していますが間違いなくヤツガシラ君からは見えているはずです。
写真の右側の前ボケは私が隠れている木の葉ですがアクセントになっているかな?
d0053309_20204615.jpg


小さな芸を一回やってくれました。(汗)
d0053309_20215376.jpg


先回りして待っていた場所は障害物が沢山あり私1人しか写せなく後から2人来たが後ろから苦労して写していました。
結局、11時頃までこの場所にいて飛んで行ってしまいましたが飛ぶ方向を見ると何時もの来る場所方向で行ってみると居ました。
その後はサービス良く沢山写せましたがコンクリートの上が好きみたいです。
d0053309_20331939.jpg


ヤット芝生の上に上がって来たが急に止まり上を向いて動きません。
d0053309_20343534.jpg


芸を沢山してくれるがコンクリートの上ばかりです。
d0053309_20363535.jpg


その2
d0053309_2037644.jpg


その3
d0053309_20373251.jpg


その後飛んで方向を確認して見に行くと木に止まってマッタリしていました。
近すぎですが・・・
30分くらい休憩していました。
d0053309_2039142.jpg


飛んだので方向を見たら先ほどの場所でしたが今度は芝生の上でした。
d0053309_2041187.jpg


最後の写真はピクセル等倍に拡大してみました。
d0053309_20414776.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2010-03-21 20:42 | ヤツガシラ | Trackback | Comments(14)

ハイイロチュウヒ

日中に飛ぶハイイロチュウヒのオスを写したく葦原に行ってきました。

ユックリ家を出てポイントに到着するとハイイロチュウヒのオスは早くから飛び回っていたとの話しでした。
でも午後の部を期待して待機していると2回見ることが出来ました。

遠くで飛んで正面は中々写させてくれませんでしたが日中の光で写せて最高でした。
15時過ぎまで粘ったが来る様子が無かったのでコミミポイントに行くがコミミは近くに居るが太陽が沈むまで飛んでくれないので諦めて帰りました。

遠くから飛んできて私の方に来るかなと期待したが遠くに行ってしまいました。
d0053309_1812301.jpg


念願である昼間の時間帯に葦原を飛ぶハイイロチュウヒのオスを写せましたが正面を向いてくれません。
来年の課題とします。
d0053309_1894780.jpg


葦原は鳥にピントが中々合いませんがバック姿のハイイロチュウヒはピンが合います。(おかしいなー)
ホバーリングです。
d0053309_1813248.jpg


ホバーリング2です。
d0053309_19494056.jpg


PENTAX 645Dデジタルカメラ発表です。
d0053309_18153456.jpg

有効約4000万画素で、44mm×33mmという大型で高性能なイメージセンサーの搭載なのでバックのボケが綺麗です。
私はグラデーションやバックのボケを大事にするので1眼レフのフルサイズより大ききサンサーは憧れます。

私は中盤・大判カメラで風景を写していたのでペンタックス645のレンズは広角から望遠まですべて持っているので以前のレンズが使用できるので考えちゃいます。

値段も価格コムで調べると約77万円で私が購入を待っている1DsマークⅣも発売すると同じ位の金額と考えると・・・

フィルムカメラはフィルムが大きくなればなる大きく伸ばせて微粒子です。

なので、フィルムカメラは35mmカメラより大判カメラの方が有利ですが、デジタルの場合は画素数で大きく伸ばせるので、ボデーを大きくする必要性があるか考えてしまいます。

次に出るキャノン1DsマークⅣも画素数も大きくなるしレンズも持っているし如何しようかな?

ペンタックス645のレンズも持っているので使用できることを考えてしまうがキャノンのレンズも持っているしセンサーが大きくなればミラーぶれも大きくなるしバックのボケの綺麗さだけで選ぶと後悔するかな。
デジタルでは中盤カメラの大きなセンサーはメリットは無いかな~。
4×5の蛇腹カメラ位の大きなセンサーなら35mmとは全く大きさが違うのでバックのボケの違いが分かるが645と35mmフルサイズで差が分かるかな?

なので検討中です。
[PR]
by tsuchiya32s | 2010-03-17 18:45 | ハイイロチュウヒ | Trackback | Comments(10)

緑とコミミズク

休みの日にユックリ起きてコミミズク撮影に行ってきました。
疲れているときは助かります。

緑とコミミズクを写したく初めて土手の下から撮影しました。

高い場所から写せるのに低い場所から狙うことは滅多に無いが止まり物をメインで狙ってみました。

コミミの飛び物は土手と距離が無いのでコミミが浮き出ませんがグリーンの中に止まったコミミは綺麗です。

ポイントについた時はこの状態が4時間と聞きました。
皆さんがカメラを向けてないとコミミを発見できません。
d0053309_1284385.jpg


不自然な場所に木が有りますが・・・止まり物です。
逆光から撮影していますが私は好きです。
d0053309_1294172.jpg


上のカットを写してから順光側に回り写しましたがのっぺりしますね。
菜の花バックでコミミがブルブルしていました。
d0053309_12122034.jpg


近くに下りてくれました。
d0053309_12125777.jpg


何時も高い場所から写しているので青空バックの写真を写していませんでした。
青空バックとコミミって綺麗ですね。
d0053309_1214368.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2010-03-13 12:15 | コミミズク | Trackback | Comments(12)

北海道 野鳥撮影 3日目

北海道撮影ツアーの更新も終わり小型デジタルカメラや他のカメラで写した記録の写真の編集が終わりました。
2泊3日で走行した北海道の撮影コースや出来事をTSUCHIYA 別館にアップしました。


北海道の最終日は4時30分に起きて流氷ツアーです。

昨晩に流氷ツアーの担当者から電話があって流氷が遠ざかってしまい厳しいとの電話で流氷を探すことになるとの電話でした。

4時50分に到着し空を見ると薄い雲で日の出は厳しそうです。
船に乗り込んで5時10分に出向し30分経過しても流氷は見れません。
流氷の最高潮の時は15分走ると流氷と聞いていたので不安・・・1時間走行しても駄目で結局、1時間30分探して駄目のようでアナウンスで知床半島の突端まで来たが駄目で引き返すとの事でがっかりしました。
薄い雲でしたが太陽が顔を出し知床半島が綺麗で船から写真を写しました。
d0053309_181820100.jpg


太陽が出たのは一瞬でこの後、吹雪になり前が見えない状態で北海道って気象の変化が凄すぎです。
外を見ていると知床半島が若干見えてカモメが飛んでいます。
私の方に向かってきて見た瞬間に暗い感じで吹雪の雰囲気がよく広角レンズで連射しました。
ハイイロチュウヒに見えます。(笑)
d0053309_18231472.jpg


船が羅臼港に到着してアナウンスで流氷が見れなかったので本日の船代の10000円はいらないとの事で又来年に来てくださいとのアナウンスでした。
気を使ってくれて有難うございました。
又来年来ます。
今年は流氷の撮影ツアーは終わりでね。(ウーーー)
でも写せちゃったら来年来る予定なかったので来年の楽しみが出来ました。

8時過ぎにホテルに到着し体が冷えていて温泉に入りsuzukiさんと話し合ったが流氷ツアーで撮影出来る物と思っていたのでホテルでユックリして10時にチェックアウトしてユックリ風景を写しながら網走を走行して女満別空港に行くはずが流氷ツアーで写せなかったので昨日行った場所に行くことにする。
遠回りなので急いでホテルを出発したが昨日の夕方にオオワシが止まっていた木を見るとオオワシ・オジロワシが止まっていました。
でも雪が降っていて見上げで参りました。
オオワシとオジロです。
d0053309_2105646.jpg


あちら此方の木に止まっているが空抜けで駄目で難しいです。
歩き回り空抜けしない場所を探すのが大変です。
d0053309_2145926.jpg


オジロワシですが止まっている場所が良くないので・・・羅臼の撮影は難しく無理と判断しました。
d0053309_2174078.jpg


飛び物ですがこの場所周辺は沢山のオオワシとオジロワシが止まっているが絵にならないので引き上げます。
d0053309_2194477.jpg


昨日行った場所に遠回りして行くが羅臼を通過すると青空で海岸線にカモメが沢山飛んでいて青空ににあいます。
d0053309_21121459.jpg


昨日にサプライズ逢った場所に到着するが同じように写せないです。
探すが駄目で風景用のカメラ持って海岸線に行くとオオワシとバッタリ大砲持って行かないので飛ばれて広角で写す。アーー
偵察でも大砲持って行けばよかったー。
d0053309_21154164.jpg


その後、オオワシ探すも居ない・・・オジロワシはサービス良いですがオオワシがよいなー(贅沢です)
d0053309_21181741.jpg


情報でシロカモメ居るとの話しですが飛んでいるカモメ見ると皆同じに見えます。
詳しい人の話しで大セグロカモメ・セグロカモメ居ると聞いたが分かりません。
でも色が違うカモメ沢山居ました。
青空で飛んでいたカモメですが全体が白いのでシロカモメかな?
いろいろなカモメ写しました。
d0053309_21442873.jpg


遠くからオジロワシが飛んできました。
ロックON、5DマークⅡはオオワシを追って行きます。
止まり木に止まるまでピント来ました。
アップした前後の写真は沢山あるが羽でオジロワシの顔が見えません。
このカットだけでした。
d0053309_21215342.jpg


オジロワシが止まった後にもう一羽やって来ました。
ペアーかな?
d0053309_21224811.jpg


その後オオワシを探すが見つかりません。(汗)
オジロワシは止まっているが15時になったので引き上げて女満別に直行です。
近くにオジロワシ居るのに・・・贅沢です。

女満別空港の羽田行き最終便で20時20分出発なので余裕があるのでユックリと風景写真を写してん空港に戻ります。
青空で風景写真を写し満喫しました。
d0053309_21282898.jpg


夕方、網走に到着し夏の時期にオジロワシ写した場所に行ったら居ました。
餌を探していてホバーリングしているので車を止めて、三脚出して待機すると薄着で寒く車からダウンを撮りに行くとき飛び出しました。・・・エエーー
戻って待機すると飛び出さないので止まり物写してトイレに行くと又飛び立ちます。
結局、3回飛んだのに写せません。
オジロの飛び出し待つ時間に北海道で留鳥として繁殖しているカワアイサが沢山居て写していました。
d0053309_21354633.jpg


その内太陽が沈んで綺麗な風景になりオジロワシを諦め風景を写しているとオジロが・・・タイミング悪すぎアーー止めたーー。
d0053309_2138415.jpg


2時間前に女満別空港に到着し買い物して仮眠してユックリ出来ました。
処が機内に乗ったらアナウンスで羽田まで揺れるとの事・・・最後までシートベルト・・・羽田で降りてグッタリ・・・家に0時に到着しました。

今年写せなかった流氷のオオワシとシマフクロウ、来年の楽しみが出来ました。
今年はシマフクロウは宿がとれませんでした。
話しを聞くと中国・韓国の団体でうまっているそうで速めに予約しないと駄目みたいです。
[PR]
by tsuchiya32s | 2010-03-07 21:46 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(10)

北海道遠征2日目

全てが雪と思っていてたので2日目の快晴は嬉しくなりました。

初日は釧路について雪で天気予報も良くなく、期待していなかった2日目は快晴で午前中に青空の丹頂の撮影が出来たので幸せでもう良いかと思ったくらいです。(^^)v

時計を見るとまだ10時なので以前から写したかったエゾフクロウ、場所はハッキリと分からないが探しに行くことにしました。

2箇所ある場所はこの辺かな?位で居るかも分からないがカーナビセットして行きました。
フクロウは近くに行っても分からない場合が多く又、居ない場合があるので期待しないで行きました。

初めのポイント周辺に行くと1台の車が止まっていてカメラマン発見、ラッキー、カメラマンが居なかったら通り過ぎていたと思います。
目線で写せて撮影距離も丁度良いです。
簡単に発見できたがカメラマン居なかったら探すまで凄い時間かかったと思います又、木の色と同じで分からないで帰ったと思います。(人を探すのが一番ですね。)

初めて見るエゾフクロウで夢中で写しましたがすべて同じカットで・・・5DマークⅡでビデオ撮影に変更しました。
ノートリで写しています。
d0053309_22355130.jpg


比較の為に50Dを600mmに付けて撮影しました。
大きく写ります。
d0053309_2237690.jpg


次に2箇所目のエゾフクロウのポイントに行くが探しても何処に居るか分かりません多分、近くに居ても分からないでしょうね。
羅臼までまだ120k位あるので又雪もが有る為に4時間を見ないといけないのでカーナビセットして出発です。

途中で寄り道したらアレーー遠くで猛禽・・・オオワシの様な感じで止まった付近に行き、カメラを持って行った所、6羽のオオワシが飛びました。(汗)

まさかオオワシが・・・連射しました。

何でこんな場所で・・・本日はオオワシを写せると思っていませんでした。
午後は羅臼まで風景でもと思っていたので嬉しかったです。
今日は風が強く車から出ると寒く・・・じゃ無くて・・・痛くてしょうがなく、こんなに厚着しているのに、北海道ですね。
d0053309_22464033.jpg


近くで6羽飛んだのでどれを写して良いか分からなくシャッターを押していました。
d0053309_2248888.jpg


羅臼まで距離が有るがこんな良い場面は無いと思い夜に羅臼に着く覚悟で周辺を探すことにしました。
車で移動すると遠くに凍った氷の上に発見し写しました。
ウンンー寒いよーー
d0053309_2252394.jpg


オオワシが動かないので直ぐに移動すると遠くの海岸線にオオワシ発見し車を停止してこの場所のオオワシは警戒心が強くヤマセミクラスで降りると飛ばれると思い車をバックして窓をソーーット開けて連射しました。
強風で波飛沫が凄く見事で飛沫が強い時に連射しました。
d0053309_2259189.jpg


その後オオワシに分からないように見えない方のドアを開け三脚をおろしカメラをセットして立った瞬間に飛び立ちました。(汗)
凄い警戒心です。
でも海バックで撮影出来て最高でした。
d0053309_2313443.jpg


1枚だけ波飛沫の横を通過した写真ありました。
d0053309_2331287.jpg


次にオジロワシ発見、車を降りてシャッター切った瞬間に飛ばれました。
1枚目が飛び出し(笑)
d0053309_2352996.jpg


海バックの飛びも写しています。
d0053309_236334.jpg


オジロワシのペアー発見、逃げられると思い手に持っている風景用の50Dと標準ズームで写してから・・・
d0053309_2391282.jpg


三脚を降ろし600mm付けて外で写したが今度は逃げません。
餌を食べていました。
d0053309_23103620.jpg


飛んで行ったので本日は終了です。
d0053309_23121121.jpg


まだ付近にオオワシ・オジロワシが居るが明日の流氷に期待して出発です。
ホテルに向かう途中にオオワシが木に止まっているのを見ながらホテルに行きました。
暗くなって居ました。

明日、一杯写そう・・・。
[PR]
by tsuchiya32s | 2010-03-05 23:16 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(10)

北海道遠征

2月28日から3月2日まで北海道に遠征に行って来ました。

昨年からSUZUKIさんと雪の北海道で丹頂とオオワシ撮影に行こうと予定していました。
2月の初めから行くはずが丹頂のダンスと流氷は早いと判断して約1ヶ月遠征を延ばしました。

JALの旅のスケッチ 2泊3日のホテル1泊のレンタカー付き 平成22年2月28日(日曜日)JAL1145便 羽田7時45分発 釧路9時25分着の平成22年3月2日(火曜日)JAR1190便 女満別20時20分 羽田22時15分着です。
宿は2日目の羅臼のホテル峰の湯にしました。

2ヶ月前の予約で初日は女満別空港に予約したがが流氷ツアーで一杯で急遽、釧路に変更しました。
初日の宿を探すと丹頂撮影には最高の場所が見つかり宿代も2食付で6,000円と安く源泉かけ流しの最高な温泉で直ぐに予約しました。

天気予報を見ると初日から曇りで最終日が雪となっていました。(汗)

予約した時にイメージを膨らませ北海道撮影は下のような感じで撮影しようと描いていました。(チョー甘いです。)

1日目は到着後、直ぐに釧路湿原に行って10時50分に通過するSL撮影して直ぐに戻ってきて14時から青空で丹頂の飛び物と求愛ダンス撮影で夕方は寝床に戻る夕日と丹頂・・・と考えていました。

2日目は有名な橋の上からの霧に包まれた日の出と丹頂、その後、エゾフクロウを探し又、SLを11時50分通過のSLを写し羅臼に行くときの鳥を探しながら夜に到着・・・と考えていました。

3日目は一番期待の5時から3時間30分撮影の流氷ツアーでオオワシ・オジロワシを沢山写し女満別空港まで風景写真と鳥撮影を描いたいました。

処が前日の天気予報で3日間は曇り雪の予報で・・・・ウウーー青空の写真すべて駄目で居るか分からないエゾフクロウも駄目だったら・・・でも流氷のオオワシは大丈夫だろうと思っていたが電話で確認したら1週間前の暑さで流氷は戻ってしまい危ないとの電話でアーーー。

2月28日の初日は気分がいまいちだがSUZUKIさんに5時30分に迎えに来ていただき羽田まで出発です。
出発の2時間30分前で余裕で行きましたが・・・首都高速で事故・・・車動きません(汗)・・・後ろからサイレンの音で終わったと思いました。

処が事故の場所から私たちの車は近く単独事故で如何にか通り抜け30分出るのが遅れたらと思うと(汗)

順調に北海道の釧路空港に到着したが天気予報通り雪でした。(汗)
レンタカーを借りて出発するとラジオから地震情報で北海道の太平洋側は津波で非難警告もし初日に羅臼にしていたら船はアウトでした。
女満別行きが満席でよかったです。
天気は悪いがツキが有ります。

釧路湿原のSLのポイントまで40kmで急いで車を走らせ釧路湿原で丹頂を発見し急いで写しました。
私が写したかった風景と丹頂が1羽の写真です。
d0053309_18231796.jpg


もっと沢山写したかったがSLの通過時間が迫っているので直ぐに出発しポイントに30分前に到着したが初めての場所で分かりません。
このような時はカメラマンを探すしかありません。(汗)
遠くにSLを写すカメラマン発見し様子を伺うと山に上がっています。
私たちも付いて行きました。(ホーー、居なかったらポイントが分かりませんでした。)
d0053309_1828440.jpg


次は丹頂の餌を与える場所でウグイも与えるとの事でオジロワシ他動物も写せるという話しで急いで60km先に移動です。
時間が無いのでコンビニでおにぎりを買い食べながら出発して20分前に到着すると強い雪が降っていました。(ガッカリです)
餌に時間になってもカメラマンは誰もシャッターを押しません、オジロワシを待っているようで結局、本日は来ませんでした。
近くの丹頂を写しても絵にならないので遠くに3羽いた丹頂を写し様子を見ると上を向いて鳴いていました。
如何にか写真になるカット写せました。
早いシャッタースピードなので雪が止まってしまいノイズみたいですが雰囲気がある写真です。
スローシャッターで雪を流した写真も写しましたが丹頂も流れてしまいました。(笑)
d0053309_18414520.jpg


写す写真がなく考えていると遠くにオジロワシ発見したが直ぐに飛んで行ってしまいアウト・・・雪も止まないし夕景の場所も太陽が出ないので駄目で宿に帰ろうと思いカメラを仕舞い車に戻って後ろを見たら本日は早めに丹頂が寝床に帰るようで飛んで帰ってます。(汗)
あわててカメラを出し戻り撮影できました。(帰るところでした。アブナイ)
レンズを600mmにしたので5羽で飛んで帰るとすべて丹頂が入らなくおかしな感じに見えるので離れている1羽の丹頂を撮影しました。
d0053309_18444387.jpg


2羽の丹頂が若干離れて飛んでいたので2羽を狙いました。
d0053309_18454281.jpg


夕方、夕景と丹頂を写すポイントに寄って来ましたが夕日が沈む周辺に丹頂が帰ってきます。
今日は雪で写しませんでしたが快晴なら最高の場所です。
来年狙ってみたいポイントです。

宿に帰って夜に露天風呂に入ると雪で明日も駄目です。
明日はユックリで良いので夕食で生ビールがおいしく沢山飲んで10時に寝ましたがもしかの場合を考えて携帯のアラームを5時にセットしておきました。

早く寝たので0時に目が覚め外を見ると雪・・・寝ました。
次は4時に目が覚め外を見ると・・・星が見えます・・・あせって起きてカメラを車に乗せ出発です。
エーー日の出まで2時間あるが・・・(笑)
日の出と丹頂のポイントの橋は遅く行くと三脚が立てられないと聞いていたので真っ暗な時間に到着すると私たちが1番でした。
三脚を橋の上に置き車で仮眠しました。
薄っすら明るくなるとすごいカメラマンで平日なのにビックリです。

話しを聞くと久々の晴れで私たちはラッキー見たいです。(行いが良いから(笑))
撮影できる時間になると沢山のカメラマンになり私たちの後ろからも写しています。
日本語が少ないですね。
本日は-5度位で暖かく霧は発生しませんが日の出の写真を写せました。
d0053309_1945060.jpg


7時過ぎに宿に戻り温泉に入り空を見ると青空で最高の撮影日和です。
朝食を済ませ主人に話しを聞くと丹頂が餌場に来る時間は10時過ぎと聞きましたが早めに行きました。
戻ってくる周辺を見ると5羽の丹頂でまだ戻ってきません。
カメラをセットして直ぐに丹頂が遠くで鳴き飛んできますが建物の上を通過して木の後ろから回って太陽の方向から来るので青空は無理で・・・後ろは青空なのに後ろからこいと祈っても駄目でした。

でも求愛時期で丹頂がダンスを初め今の時期だけ見れると地元のカメラマンが言っていたので良かったです。
求愛ダンスが写せちゃいました。(^^♪
d0053309_19123910.jpg


沢山のカット写せました。
d0053309_19132931.jpg


2羽で上を向いて鳴いています。
このカットが写したので良かったです。
でも-15度位だったら丹頂の白い息が見えるそうです。
d0053309_19155719.jpg


今まではこの場所に長い時間居たようですが求愛の時期で早い時間から次々飛んでいいってしまいます。
初めは分からなかったが小高い場所に登ると一斉に飛ぶので又、私の横を通過して後ろに飛んでゆくので青空バックです。
すごいサプライズで雪の天気予報が快晴に変わりついていました。(^^)v
4から5羽で横を飛ぶので600mmでは近すぎでアップになり駄目でキャノン50mmに広角ズーム(28~105mm)を取り付け待機しました。
10分間隔で飛ぶので楽しめました。
d0053309_19242075.jpg


私の横を通過して後ろに飛ぶので綺麗な青空です。
d0053309_19254185.jpg


初めて私の上空を通過しました。
広角ズームレンズで連射です。
d0053309_19264698.jpg


沢山餌日に集まってきた丹頂も10時過ぎには居なくなり丹頂撮影は終了です。

午後からの撮影は11時50分からのSL撮影と場所が断定できないエゾフクロウ撮影で午後から羅臼まで撮影しながら宿に出発です。

午後の撮影はアレット言う場所でサプライズがありました
こんなに写せて良いのと思うほどです。

沢山写したので明日仕事に行き夜勤から帰ってきたら午後の部を現像してアップします。
[PR]
by tsuchiya32s | 2010-03-03 19:34 | 丹頂 | Trackback | Comments(18)