<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カワセミの飛び物

毎年、夏鳥撮影が終るとカワセミ撮影に行くことが多くなります。
冬は猛禽とカワセミで楽しんでます。

5DマークⅡを購入してから50Dは使用していません。
カワセミ撮影のみ50Dを使用しています。
理由はホバーリングした時はAFでピントを合わすのでファインダーに大きくカワセミが写った方がAFが逢う確立が増えます。
飛び物は秒3.9コマでは厳しいので為です。

話を聞くと以前はカワセミから撮影して現在は全く写さないと言う方が沢山いますが私はカワセミの飛びとホバーリンングは止っている写真を写すとは違い成功する可能性が少ないので自分の技術次第で写せる確立が多くなるので失敗すると悔しくなり成功すると達成感が有るので毎年、山の鳥が写せない時に通います。

半年振りにゆくと毎年、初めは早い動きについて行けないので悔しくなり通ってしまい如何にか写せる様になると面白くなり次の年も行ってしまいます。
難しいから長続きするのでしょうね。

春から6ヶ月間はカワセミ撮影を終了して山に遠征で飛びまわっていて公園に行かないのでシーズンに入ると公園に行くので沢山の知り合いに逢うと珍しい人が来ているなーとが言われ冷やかされます。

逆に春からはカワセミ撮影を行わない友人と合い久々と言われます。(笑)

話は変わりますが、風景写真を夢中になっている時は絞り優先の設定で長い間、撮影していたので使いやすく光の状態をみれば露出補正をどれ位したら良いか直ぐに判断できます。

野鳥撮影を始めてもカメラの設定は絞り優先で状況により露出補正をして結果は自分なりに納得しています。

所がヤマセミ・カワセミは飛び物を狙っているので、激しい光の中を飛びまわりホバなどは空に抜けたりと絞り優先では全く駄目です。

曇りの日は良いが晴れの時にカワセミの飛びを写すとバックが暗い所にカワセミが飛んで行くとカメラがシャッタースピードを下げてオーバーにしてしまいます。

なので、ヤマカワはマニュアルで撮影してます。

私が行っている公園は曇りは絞り優先で大丈夫ですが、晴天の時は光と影が激しい場所で絞り優先では全く駄目なのでマニュアルで撮影しています。

鳥に露出を合わしているので失敗が少なくなります。
飛び物もシャタースピードが固定しているので暗い場所に入ったりしてもカワセミに露出を合わしているので失敗が少なく又暗い背景の場所にカワセミが飛んで行くとカワセミに露出を合わせているのでバックが真っ暗に成り面白い写真になります。
d0053309_11303961.jpg


キャノンの1Dを使用しているときはマニュアルですが5DマークⅡと50Dを使用している時はボデーに付いているダイヤルで回転式させ設定を変更出来るので、回転させれば絞り優先・シャッター速度優先・マニュアルと直ぐに変更できます。
その時は右に回せば・・・左に回せが・・・と心の中で言っています。(笑)

ポイントに到着して空の露出を計りカワセミが空にホバーリングした時の露出に設定して又、絞り優先は背景に色が有る時のホバーリングに設定します。

カワセミがホバリーングしそうな枝に止っていたら絞り優先で待機してホバした時に背景に色のある場所でホバーリングした場合はそのままシャッターを押せばOKでカワセミが空抜けしてホバーリングしたら絞り優先の隣にあるマニュアル設定の場所にダイヤルを回して写しています。

間違わないように頭の中で何度もカワセミが飛んで空に抜けたらダイアルを左に回すと言い聞かせダイヤルを見ないで触っていながら飛んだ瞬間に空に入ったら回転させています。(これが上手くゆくんだなー)

慣れれば間違いません。

これで空抜けのカワセミのホバも真っ黒に成らないで撮影でします。

飛び物の設定はカワセミの行動を観察していれば分かるので飛び物かなと思えばマニュアルで飛びの露出に設定に変更して待機しています。

ホバしたら終わりです。(汗)

この写真は快晴の時でカワセミが通過するとき暗い背景の場所を通過します。
マニュアル設定でカワセミの露出を合わせ固定しているので背景は真っ暗に成ります。
d0053309_10435984.jpg


ホバーリングしないで飛び込んで餌を取った時は何時も同じような場所に行き餌を食べるのでカワセミの後姿たの写真になってしまいます。
カワセミは餌を咥えているのが分かるかな?
d0053309_10465986.jpg


カワセミが向かって左から右に飛んで行くときが有ります。
背景が暗い場所や明るい場所と通過しているので難しいです。
d0053309_10484365.jpg


何時も止る枝に向かって飛んで行くときです。
d0053309_10495238.jpg


凄い速さで飛んで抜けてゆく時です。
連射すると羽を閉じている写真が多いです。
d0053309_10512814.jpg


ホバーリングすると思っていて待っていて飛び込んで餌を捕獲されるとガッカリしますが飛び物を写せるチャンスです。
d0053309_10533548.jpg


枝に飛びつく前です。
久々に飛んでいる姿から飛びつくまでピントが合った写真で1回で沢山の飛びの写真を写せると嬉しくなります。
d0053309_10551236.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2009-10-26 11:16 | カワセミ 飛び | Trackback | Comments(10)

ムギマキ遠征

風景写真も沢山写してきたのでTSUCHIYA 別館に少しづつアップしてゆきます。

恒例となっているムギマキ遠征今年も行って来ました。

suzukiさんと1ヶ月前から計画を立てていました。
今年のムギマキは良くないと聞いて居たので風景写真をメインにして行って来ました。

風景写真は早く行かないと良い写真を写せないので1時出発です。
この場所は私の大好きな場所で昨年の冬に行った時は道が凍結してハンドルが全く使用不能、ブレーキを踏んでいても動いてしまう状況で走ることが出来なく車が勝手に壁行ってしまうので押しながら下がり帰って来ました。

12月からは進入無理と判断して本日行く事にしましたがこの場所は富士山から距離が遠く今の時期では富士山が見えない時が多く心配したが高速を走って温度計を見ると温度は4度、快晴で綺麗な星が見えます。

間違いなく写せると思いホッとしました。

撮影ポイントに到着すると凄い寒さダウンを着て外に出ると満天の星、こんなに一杯ある星を見たのは久しぶりです。
真っ暗の中、カメラに広角レンズを取り付けバルブで星を撮影したが見た目の綺麗さが写真で表現出ないので諦めました。
修行します。

まだ富士山は見えないが諏訪湖の町並みが綺麗で夜景を写し日の出の時間まで夢中に撮影しました。

太陽が出ると風景は平凡になってしまい7時過ぎにムギマキ撮影に出発しました。
ポイントの駐車場に到着して車の距離計を見ると400kを越えてます。(汗)
到着した時間も9時頃で丁度良く快晴で爽やかハイキングが楽しそうです。(汗)

ゆっくり準備して三脚を担いでミギマキを探す事にしました。

情報で聞いていた場所に行くと・・・エーーー・・・ツルマサキに猿が2頭います。
近くに行くと猿が威嚇して大木を揺すっています。(汗)
ムギマキは居る訳ないですよね。

その後、私が知っているツルマサキの場所を歩いて探し凄い距離を歩き疲れ果てしまいムギマキを諦めて風景を写しに行こうと話し合い帰る途中に私が初めて行った時に見た場所に遠回りして行こうと話し合い歩いて行くと遠くの高い場所に何か飛んできたので良く見るとムギマキ3羽発見、直ぐに2羽は違う場所に跳んでしまい1羽残ったムギマキを撮影したが見える場所に出てくれません。
たまに見えると尻尾だけ・・・背中だけ・・・顔が枝で証拠写真も写せません(汗)

粘って観察したが餌を食べる時は見えない枝の中でお腹が一杯になると暗い場所に入ってしまい長い休憩で少ない数のムギマキを歩いて探しても見つかるわけが無くラッキーが重ならないと今年は見つけられませんね。
同じ場所にいたが、同じ行動でムギマキの良い写真は写せないと判断して引き上げました。

でも楽しいので又来年行きます。
風景とセットでね。

私の大好きな場所から富士山と諏訪湖の夜景を写しました。
この時間帯は肉眼ではまだ富士山が良く見えませんが長時間露出をかけると写せます。
長時間露出をかけてもノイズは大丈夫なので風景写真を写す時、5DマークⅡは重宝します。
d0053309_18123928.jpg


太陽が顔を出した瞬間に足元にあったススキに光が入ったので写しこれで終了しました。
d0053309_1814134.jpg


見せられる写真で有りませんが折角遠征に行ったので・・・ムギマキですが遠くに居るためにチョートリミングしています。m(__)m

ムギマキはツルマサキの実を食べてお腹が一杯になると見えない暗い場所に飛んでゆきます。
その時に一瞬見える場所に止りワンタッチで飛ん出行く為、中々全身は写せません。
一瞬止まるカットは1枚写せればラッキーでその1枚ですが枝が体にウウーーー(泣)
チョートリしないとムギマキが見えないのでm(__)m
d0053309_1821269.jpg


このカットも移動するときです。
色が似ていて分からないヨーー
d0053309_18225247.jpg


その他の写真は枝で如何しようも有りません。
証拠写真でも酷すぎます。
d0053309_18243343.jpg


全身が見えたと思えば後姿です。
ツルマサキの実は丁度良いのに
d0053309_18262914.jpg


ムギマキは奥に入って空抜け・逆光と写せないが如何にか全身が見え光が当ったのに顔が隠れてます。
d0053309_18291473.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2009-10-22 18:29 | ムギマキ | Trackback | Comments(14)

カワセミとピラカンサス

本日、キャノンから1DマークⅣが発表されました。
TSUCHIYA 別館にアップしました。


毎年、ピラカンサツの実が赤くなると撮影に行ってます。

実が真赤になるとカワセミが負けてしまうと言う声があちら此方から聞こえますが私は違います。
ピラカンサツの風景がメインでカワセミはサブです。

夕方の撮影で順光で写すと実が特に真赤になります。
夕日を狙って撮影に行きました。

このアングルはうるさく嫌いですが夕日が当たりピラカンサツが真赤になるのでピラカンサツがメインでカワセミがサブの時に狙います。
近くから写せるので皆さんこの場所から狙っています。
d0053309_16243863.jpg


上の写真と同じですがアングルを変えています。
このアングルは夕日が斜光で背景が抜けてピラカンサツが若干大人しい赤になるのでピラカンサツがメインですがカワセミも浮き立ち綺麗ですがカワセミから距離が遠くになります。
でも私は下がって写したこの位の撮影が好きです。
5DマークⅡで写していてノートリです。
紅葉バックで綺麗です。
d0053309_16311425.jpg


上の写真と同じ場所で写しています。
50Dで写しているが全てが紅葉バックなので色がきついかな?
比較するために写しました。
フルサイズの5DマークⅡと50Dではカワセミの大きさと背景の広さが全く違います。
私は風景がメインで撮影しているので5DマークⅡの方が好きです。
d0053309_16353626.jpg


セイタカアワダチ草とカワセミです。
お気に入りの場所で良く止まります。
正面から写すと夕日で色合がきれいですが、うるさくなるので撮影している皆さんから離れて遠くに行きバックが抜ける場所で写しました。
5DマークⅡのノートリです。
d0053309_16384033.jpg


長く止まっているので一人で逆側に行きました。
半逆光気味でカワセミの色は良くないがバックにピラカンサスが写ります。
50Dで写していますが5DマークⅡで写した方が良かったが全てのカットがピクセル等倍にすると若干、甘かったので削除しました。(汗)
AFで写すとこのよう場所はジャスピンが難しいです。
何時もはAFで数枚写しライブビューにして拡大してピント合わすがカワセミが飛んでしまいました。
d0053309_16441991.jpg


正面から写したカットで近くでカワセミを写せます。
夕日の光で艶やかになったセイタカですがバックがうるさく詰まらなくなります。
ノートリで写してますが近いです。
d0053309_16523425.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2009-10-18 16:44 | カワセミ | Trackback | Comments(14)

カワセミのホバ

休みで久々の撮影

パソコンのモニターが壊れてモノトーンになったが如何にか見れるように調整しましたがまだ完璧でなく自分のモニターでの現像は不安が有ります。
色合が違ったら教えてください。
モニターを購入すれば良いが今月に発売するWindows 7搭載のパソコンを購入しようと思っているので中止としました。

カワセミを最近、写していないので朝早くから出発を考えていたが目覚めは7時30分でした。
通勤中で凄い渋滞ですがバイクはスイスイです。

公園に到着して撮影ポイントに到着するとカメラマンが構えていて三脚にカメラを取り付けフードを取り付ける前にカワセミがホバーリング開始、慌ててカメラ向けるが最後のカットですが如何にかシャッター押せその後、近寄ってきて2段ホバしてくれたお陰で到着して直ぐに写せてしまいました。

ホバして餌を捕獲出来なかったカワセミは枝に止まった後、又ホバで幸先良く喜んで画像見たらアレ、設定がおかしい・・・カメラがバックの中で何かの原因でダイヤルが動き、フルオートに設定されてます。(唖然)

でも条件が良かったのでカメラの出した設定はISO125 絞り5 シャッタースピード1/400なからOKでした。

その後、サービス良かったので飛び物・止まり物を沢山写せました。
11時頃、大きな餌を食べたので厳しいと思い違う場所に行って夕方まで写して帰りました。

到着して過ぎに写せたカワセミでフード取り付ける前の慌てて撮影したカットです。
d0053309_223844.jpg


暗い場所に止まってカワセミ
d0053309_2235918.jpg


飛び物は久しぶりでカワセミに付いて行けなく沢山写したのに残ったのは2枚だけ・・・
d0053309_2251090.jpg


最後は良く止まる場所のカワセミ
d0053309_226755.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2009-10-15 22:06 | カワセミ ホバ | Trackback | Comments(8)

野鳥撮影を始めた頃の写真

参ったなー、10月12日にモニター壊れました。
色が薄くなり線が上下は二重です。(汗)
画面を見る事は出来るが色が薄く全く駄目です。
画像の調整が出来ないためモニター購入するまで更新無理です。


昨日から3連休ですが大型の台風の影響で何処も行けませ今日と明日は在庫の整理とアナログからデジタルの変換と映画・音楽鑑賞など雨の日しか出来ない事を行います。

野鳥撮影を始めたのが平成15年1月27日でブログを公開したのは平成17年5月からです。

ブログを公開するまでに2年3ヶ月野鳥を撮影していて、ろくな写真が無いが台風で撮影に行けないのでその時の写真を少し公開したいと思います。

私は風景写真を夢中になっている平成4年かから撮影日記をつけていているので次の年の参考になります。
そのメモの読んで自分の凝り性にビックリしています。

野鳥を始めた時の日記を読んで出来事をネタとして更新します。m(__)m

野鳥撮影を始めて1年後の平成16年8月18日に妻と軽井沢に1泊で行っている時に体の調子が悪くなり病院に行って薬をもらい1週間に1回病院に通っていました。

薬を飲んでいて1年後の平成17年5月に如何にか撮影する気持ちになりブログを公開するようになりました。
平成16年から飲んでいた薬を1年後に減らし平成18年8月で薬を止めて元気になりました。

平成15年1月初めの一番寒い時期の秋ヶ瀬公園のピクニックの森で夕方に風景写真を写していました。


d0053309_18335314.jpg今はバーべキュウの広場になっているが寒く空気の澄んでいる夕方の太陽が沈んでから夕日のオレンジ色が残っていて空は青くなり星が見える時に前景に太い木々を入れて広角レンズを大型カメラに取り付け水平線から空に向けて1分のシャッタースピードで写していました。


素晴らしい写真になり早朝も綺麗かなと思い1月21日の朝の暗い内に秋ヶ瀬公園に行って見ました。

撮影も終わる頃に木を突いている鳥を発見してその頃は木を突いていろ鳥はキツツキと思っていました。
その時に秋ヶ瀬野鳥クラブの方に名前はコゲラだと聞きこんな場所にいるんだと思い写してみたくなりキャノンEOS1のフイルムカメラと70~200mmのレンズを付けISO50のリバーサルフィルムで写したが遠くて又、ブレブレでボツ・・・次に2倍テレコ付けてISO400のフィルム入れて撮影したが36枚では直ぐに終ってしまい駄目でした。

ピクニックの森をカメラで持って歩いていると綺麗なキツツキ発見し名前を聞いたらアカゲラと聞き感動して次の日から仕事が終ってから探しに出かけた事で野鳥撮影に嵌ってしまいました。

アカゲラを追っ掛けていて何時も気になっていたが池の周りでスコープで待機している人と逢うが、何を写しているのかと思って何を写しているか聞いたらカワセミと聞き一緒に撮影させて頂きスコープで写した写真の大きく写っていたカワセミを見て直ぐに欲しくなり話を聞きその日にスコープとカメラをつなぐアダプターを購入してフィルムで撮影したが現像を見ると全て駄目でフィルムの無駄と判断する。

次に100~400mmを購入し大きく写したいので3倍テレコ使用したが全く駄目で諦め2倍テレコ使用して撮影しましたが良い写真写せないでいました。

この頃は秋ヶ秋ヶ瀬に行くとスコープで写している人と一緒に写すようになり名前を聞きHNネームは定年隊さんと聞きました。

全く駄目なので平成15年3月24日にキャノン10Dを購入しました。
私は風景写真で大判カメラを使用していたのでデジタルは馬鹿にしていたがその場で確認でき沢山写せるので野鳥撮影用にデジタル一眼にして風景は大判カメラで写していました。


d0053309_16525474.jpgデジタルで確認できたのでテレコの3倍は駄目とはきり分かりました。
でもこの頃は野鳥撮影を始めたばかりで2倍テレコのISO800で写していて納得していました。

この写真のデターです。
デジタルカメラを購入してから1ヶ月の作品で2倍テレコ使用しているので絞りが11でISO400で撮影しているのでノイズ凄すぎですが野鳥撮影を初めて2ヶ月でこの時は感動して最高傑作でした。
カメラ機種名Canon EOS 10D
撮影日時2003/04/11 13:38:28
カメラの所有者名
撮影モード絞り優先AE
Tv(シャッター速度)1/400
Av(絞り数値)11
測光方式評価測光
露出補正0
ISO感度400
レンズ200.0 - 800.0mm
焦点距離800.0mm


d0053309_1773224.jpg カワセミ撮影は2月から初め丁度、求愛時期で沢山写せたが5月から全く写せなくなり7月12日まで秋ヶ瀬に休みは大体全てで52回通いました。(汗)
嵌ると駄目です。
この写真のデターです。
ISO800で2倍テレコでノイズ酷すぎですね。
でもカワセミ撮影を始めて2ヶ月でこの様な写真写せたので嵌ったのですね。
カメラ機種名Canon EOS 10D
撮影日時2003/04/09 15:47:40
撮影モード絞り優先AE
Tv(シャッター速度)1/100
Av(絞り数値)11
測光方式評価測光
露出補正0
ISO感度800
レンズ200.0 - 800.0mm
焦点距離800.0mm

私の周辺にカワセミは秋ヶ瀬しか居ないと思っていましたが野鳥ブログを見ると素晴らしい写真が一杯でピラカンサスの木に止まるカワセミを良く見ていて写したいなーと思っていたが場所が判らなく多分遠い場所だなと思っていたら7月12日にたまに会うカメラマンからブログで見たことのあるピラカンサツとカワセミの写真を見せて頂き場所を聞き家から近事が分かり次の休みの日に行くことにしました。


d0053309_17101240.jpg撮影でターですがこの頃から2倍テレコ止めて1.4倍テレコを使用しています。
カメラ機種名Canon EOS 10D
撮影日時2003/07/18 17:03:56
撮影モード絞り優先AE
Tv(シャッター速度)1/25
Av(絞り数値)8.0
測光方式評価測光
露出補正0
ISO感度200
レンズ140.0 - 560.0mm
焦点距離560.0mm
生憎の雨で駐車場に到着し傘を持って目の前の池に行くがカワセミ居ません。
川が流れているので見に行っても全く駄目で周りを見ていたら車で来たカメラマンが反対方向に歩いてゆくので一緒に行きポイントを聞きこの枝にに止まるよと教えていただき1時間後にバックの抜けたカワセミを写せて感動しました。
この場所に良く行く様になるとカワセミ専門のブログで活躍している色々なカメラマンと知り合い凄い機材見たり撮影技術を磨き合い撮影のスタイルも変わり一気に成長しました。


文書が長くなり野鳥撮影を始めて6ヶ月位の話しで終わりにします。(汗)
始めた頃は100~400mmのレンズで撮影していたが、この場所に行ってから影響され600mmレンズを買い深みに嵌りました。
でも私も同罪かな?(笑)

本日、ブログ公開前の写真を沢山、現像したので1枚だけアップします。
その他の現像した写真は長い期間ブログの公開が無い時にアプします。

d0053309_18224546.jpg


私のブログは撮影に行ってその日に写した写真をブログに公開しています。
在庫はあまり出したくないが休みの日に撮影に行けないと間隔があいてしまうので・・・在庫で・・・(最近多いかな?)

その日に写した新鮮な写真を公開しアップしているので時には、しょげてしまう様な色々な書き込みが有るが、なるべく当日にアップします。
頑張ります。
多少、強くなりました。(汗)

ひとり言・・・聞こえないように話します・・・・公開するとヤバイかなと思う写真を時期をずらして公開していますが、鳥って毎年同じ場所にくるのとが多いのになーーなんて・・・ひとり言です。
[PR]
by tsuchiya32s | 2009-10-07 18:23 | 思い出 | Trackback | Comments(12)

秋ヶ瀬公園の野鳥

今日は雨で何処にも行けません、この様な時は時間がかかるLPレコードからデジタル化してCD-Rに焼き込みですが問題発生で時間がかかりました。
状況をTSUCHIYA 別館にアップしました。


最近のパターンは秋ヶ瀬周辺の土手に行きセイタカアワダチ草に止まるノビタキを探し秋ヶ瀬公園に行く事が多くなりました。

セイタカアワダチ草は緑の頃から見ていましたが段々と黄色くなってきて今が写し頃になりました。
土手の草刈が始まり終わりですが昨年はまだ青い時期に刈られたので今年は楽しめました。

秋ヶ瀬公園も秋の渡りでキビタキが沢山入りましたが雌が多くたまにオスが来てきれるが写すのが難しいです。

セイタカアワダチ草が黄色くなり丁度良い時期になりました。
ススキも秋の雰囲気を出してくれます。
d0053309_1014146.jpg


草刈が始まったので終わりです。
d0053309_10145517.jpg


餌を捕獲している時は近くに来てくれます。
d0053309_1015423.jpg


キビタキのメスは頻繁に出てくれます。
d0053309_10162952.jpg


キビタキのオスですが背景の光が強く色が出ませんでしたがヤット秋ヶ瀬で写せました。
d0053309_10172668.jpg


オオルリのメスが長い時間止ってくれました。
d0053309_1018362.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2009-10-02 10:18 | 秋ヶ瀬と周辺の野鳥 | Trackback | Comments(8)