カテゴリ:北海道の野鳥( 35 )

北海道遠征2日目 蝦夷リスとヤマゲラ

北海道遠征から帰って来て2日目の午前中までブログにアップしたが、帰って来てから色々な場所に撮影に行って更新したので見ないまま日日が過ぎました。

カワセミ撮影の季節物が写せて現像していない写真も沢山あり又、地元でカワセミのヒナが巣立ち盛りだくさんでした。

ブログを始めた時は疲れていても帰って来た時に現像してブログにアップしていたが、最近は撮影後、家に帰ると疲れてしまい、そのままで見ないで眠ってしまう事が多くなりました。

私の家は実家で長男であり、お盆の3日間は忙しく、お墓に迎えに行き送りなど又、挨拶回りで忙しく、家に来る親戚も居るので家に誰かは居ないと駄目です。
特に14日はお客さんが多く神主さんも何時来るかが分からなく家から出られません。

家に居たので13日~15日までお客さんが来ない時間帯に北海道遠征の全てを見る事が出来て現像しました。

今更ですが北海道遠征の2日目のアップです。
2日目はヤマゲラの営巣を1日、観察できたので沢山の写真を写しています。

ヤマゲラが営巣している木に蝦夷リスが上ってきます。
ヤマゲラの親はエゾリスを追いますが中々、違う場所に行ってくれません。

蝦夷リスが営巣する木に来ました。
すると直ぐにオスメスの親が飛んできました。

d0053309_10065867.jpg
親が威嚇しています。
d0053309_10075183.jpg
ヤマゲラが追うと蝦夷リスが木をくるくる回りヤマゲラも追います。
d0053309_10094746.jpg
d0053309_10105453.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2017-08-15 10:13 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(0)

北海道遠征 2日目 ヤマゲラ

北海道遠征2日目の早朝はカワガラスを写してサーー何処に行くか?

旭川に居るので公園に行く事にする。

駐車場に車を止め偵察すると芝生に鳥が居るのを発見したが遠くて何だかわからなく、もしかしてヤマゲラ・・・

慌てて車に戻りダメ元でカメラを取りに行く、600mmを出すと時間がかかるので100~400mmレンズを取り出しカメラに取り付け走って行くと散歩の犬づれが歩いて行きアーー、ダッシュしたが芝生の上に居たヤマゲラが飛んでしまいアウトと思ったら枯れた枝に止まり慌ててシャッターを切り数枚写し、杭にカメラを載せ固定させようとした瞬間に散歩の人が近づき飛んで行ってしまい飛び出しは写せませんでした。

でも手持ちで7カット写せピントが合ったのが3カット、ホーー

d0053309_18482020.jpg

d0053309_18490799.jpg
上のカットを写した後、車から三脚に付けた600mmレンズで持って行き待機するとキタキツネが小高い山を登っている時にヤマゲラの警戒音で営巣場所周辺が分かる。
歩いて行くと良く止まる枝を発見する。
d0053309_19323027.jpg
近くに行くと何時も同じ枝に止まるが警戒しているので下がって確認すると、この枝から巣穴に入りました。

d0053309_19311939.jpg
d0053309_19303102.jpg



[PR]
by tsuchiya32s | 2017-07-05 19:34 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(4)

北海道遠征2日目

北海道遠征2日目

4時に起きて外を見ると小雨でこのままでは・・・美瑛に行ってみる。

車を走らせると大雪山は雲の中でガッカリしながら美瑛に到着する。
光と影が出ない小雨では丘が冴えないがなるべく空を入れない構図で写すがコントラストが無く厳しい撮影ですぐに諦める。

d0053309_09523159.jpg
5時過ぎて風景を諦め、大雪山のロープウエイに乗れることを期待して行くが雲の中で諦める。
2日間大雪山に行く事が出来なく目的だったギンザンマシコを諦める事になってしまう、この場所から原生花園に移動も考えたが凄い距離で移動で終わってしまい原生花園で写して宿の弟子屈まで戻る距離もあり、旭川で撮影することにする。

昨日実績のあるカワガラスを写してから予定を考える事にする。

この場所のカワガラスは苔むした場所に営巣しているので関東では写す事が出来ない素晴らしい場所ですが北海道に来てカワガラスと考えてしまうとテンションが下がります。
d0053309_09581785.jpg
d0053309_10002156.jpg
d0053309_10004159.jpg
d0053309_10005522.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2017-07-02 10:01 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(0)

北海道遠征1日目

6月22日~25日まで北海道遠征に行き帰ってきました。

今回の遠征は雨との戦いで風景写真は全く駄目で空が写らない渓流や花など写しました。

野鳥撮影は快晴より良かったが、雨の時は野鳥の出が良くなく苦労しました。

22日は旭川空港に9時30分に到着して10時に外に出ましたが小雨で大雪山ではギンザンマシコを撮影に行く予定でしたが大雪山の方向を見ると雲に隠れて全くです。

美瑛と富良野に風景写真をとも思ったが丘の風景は空が入るので写しても作品にならないと判断してやめて、2年前に実績のある大雪山に行く途中にクマゲラが営巣している場所があり又、カワガラスが営巣しているのは分かっていたので行く事にしました。

その前に旭川空港から近い公園で2か所回るが野鳥の声はするが全く駄目で写せたのは蝶でした。
d0053309_10254366.jpg
旭川の公園を終了して大雪山の山麓に14時に到着です。

クマゲラのヒナは巣立ったようでさっぱりでしたが、カワガラスはヒナに餌を持っている所を見てカワガラス撮影にしました。
この場所が苔むしていて絵になる場所ですが小雨で暗く、ブレブレ量産でした。



d0053309_10190610.jpg
d0053309_10192333.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2017-06-26 10:28 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(0)

北海道遠征最終日

1月に遠征に行った北海道遠征の最終日・・・いまって感じ・・・実は忘れていました。

最終日は帰る時間を気にしながらの撮影です。

野付から釧路まで距離がある為、早朝は宿から近い松にオジロワシが止まると言う場所に行く事にしました。

実はこの場所は3回目で日の出が見れなく終って居ます。
今回は快晴と分かっていたので日の出は写せると思っていたが、宿の前は障害物がない水平線が見れて変形太陽が写せる最高の場所で皆さん連泊しています。

出発時に如何しようか考えたがオジロワシが松に止まる日の出が写したいので暗い時間帯に出発です。

撮影場所に暗い時間帯に到着して三脚を立てて松の中央に太陽が昇るように微調整して待機しました。

宿のポイントと違い水平線が若干ですが見えない場所です。

太陽が若干見えた時に太陽が変形している事が分かり慌てて三脚を移動して松が重ならない位置に移動しました。

水平線が見える場所なら凄い変形が見れたと後悔しながら写しました。(汗)

オジロワシが止まっていたなら最高でしたが、変形する太陽が終わる高さでもう少し太陽が低い位置で見れたらナーーと思ったが・・・若干の変形した太陽が写せたから良しとします。

撮影後、宿に戻って宿から写しているカメラマンに話を聞いたら色々に変形した太陽とグリーンフラッシュが写せたとさーー(汗)
d0053309_13075310.jpg
広角で写しているカメラは暗い時間帯から三脚を置いてタイムラプス撮影です。

シャッターを切りっぱなしなので移送する事が出来なく三脚を置いた場所が若干、位置が違い松の右側から太陽が上がってしまいました。

タイムラプス中の写した写真からのカットです。
d0053309_13405635.jpg

宿に戻り朝食を終わらせ空港に向かいながら漁港で車を止め写した水鳥で私は全く興味ないが一緒に行った友人から写したい鳥と聞きました。

漁港に到着し様子を見るとオオワシ・オジロワシが居て目当てのコオリガモが居ないようですが私は国後島バックで写せるワシを探し見つけ夢中で写しました。

d0053309_14071132.jpg

オジロワシを写していると飛んできたとの声でレンズを向けました。
d0053309_13454776.jpg
d0053309_13461138.jpg
釧路空港周辺に2時間前に到着したので釧路港の周辺を回り写しました。
d0053309_14114178.jpg


[PR]
by tsuchiya32s | 2017-03-20 14:11 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(0)

北海道遠征 3日目の夕方

北海道遠征の3日目はシマエナガなどを写し11時に野付半島に出発です。

野付半島の入り口に到着してゆっくり鳥を探しながら走ったが昨年までは沢山のオオワシやオジロワシで楽しめたが今年は不作でオオワシもたまに見るだけで沢山いたコミミも全くでした。

野付のネーチャーセンターに到着して許可を頂き、野付の先端まで行く事にする。

最終の作業小屋まで行って車を止め歩いて野付の突端まで行く予定が雪が多くなり最終の作業小屋は見えて来たがこれ以上行くとヤバいと思い又、野付のネーチャーセンターで何かあったら自己責任と言われたので引き返そうと思ったが左右は雪の山で・・・ひたすら、回転できるまでバックです。(汗)

ヤットか回転できる場所で車を止めて野付突端から戻る方向で記念写真です。
顔はモザイクです。

d0053309_16320787.jpg
周り見てもハマニンニクは無くユキホオジロの餌が無いので探すのを諦めました。
d0053309_16361300.jpg
このまま宿に行くにも時間があるので野付のネーチャーセンターに許可書を返す為に戻る途中でエゾシカが沢山いたので国後島バックでうつす。
d0053309_17070188.jpg
許可書を返却するが宿に行くにはまだ早いのでオオワシ撮影にする。
オオワシは居るが良い場所に止まっていないので証拠写真を・・・
d0053309_17084042.jpg
キタキツネは良く見ました。
d0053309_17093287.jpg
夕日の時間になりました。
d0053309_17100099.jpg
太陽も沈み、私の好きな時間帯です。
遠くを見るとエゾシカが戻ってくるので夕日が綺麗な場所に来るまで待って写しました。
d0053309_17114714.jpg
暗くなって本日の最終カットです。
d0053309_17124672.jpg


[PR]
by tsuchiya32s | 2017-02-22 17:12 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(0)

北海道 音羽橋の丹頂の塒を動画で撮影

北海道遠征は動画を沢山写して来ました。

丹頂の塒の音羽橋でマイナス24度のケアラシの中、丹頂が中々見えませんでしたが、たまに見え隠れしていました。



[PR]
by tsuchiya32s | 2017-02-12 10:55 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(0)

北海道遠征 2日目 午後


北海道遠征2日目は私が写したい湿原の丹頂も写せ湿原を走っているとベニヒワとの出会いで最高の日でした。

次の目的は駅の近くの大木に良く来るシマエナガの撮影でしたが、大木がなく(家に帰って考えたが一つ先の駅でした)切られたと思って引上げ蝦夷フクロウのポイントに行くが不在で宿に行くには早いので戻って午前中に写したベニヒワポイントに戻りました。

ベニヒワを写した後、釧路川が凍結し良く見るとフロストフラワー(霜の花)を発見する。

自己責任で釧路川の凍っている場所を木につかまり片足で押してみると固く乗っても大丈夫と自己判断して腹ばいで、ほふく前進しカメラを氷に付けて低いアングルで写しました。

凍る釧路川とフロストフラワーです。

d0053309_19150532.jpg
氷の上を、ほふく前進してカメラを氷の上に置き低いアングルで写す。
d0053309_19184289.jpg
d0053309_19164152.jpg
ベニヒワポイントに戻ると広い湿原の遠くに居ました。
近くに来るのを待つが駄目ですが色々なな野鳥と会えました。
d0053309_19212493.jpg
d0053309_19214640.jpg
1時間くらい待つとベニヒワが近くに来てくれたが良い場所で写せませんでした。
d0053309_19225423.jpg
諦めて2日目に泊まる宿に向かいました。
2日目は終了です。


[PR]
by tsuchiya32s | 2017-02-02 19:24 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(0)

北海道遠征 2日目の午前中

北海道遠征で一番写したいカットが遠征2日目で写せました。

この写真を写せれば帰っても良いと思えます。(笑)


北海道遠征2日目に音葉橋で丹頂の塒を写し、塘路駅に向かいました。

塘路駅にシマエナガを写す為にコッタロ湿原経由で走っている時に木々の隙間から湿原の丹頂が居るのを確認し急いで車を止めて木々の隙間を探し抜ける場所を見つけました。

この遠征で一番写したかった写真で、この情報は私の風景写真専門の四季の風景のブログにコメントを頂いている釧路に住んでいる方のブログで見ました。
11時までしか居ないと書いてあり又、居るとは限らないがこの道を選びました。

丹頂が居た時嬉しく沢山写しました。

d0053309_15373327.jpg
釧路に住んでいる方の写真は高台から写しているので急いで50メートル先の展望台にあがりました。

湿原に居る丹頂で北海道遠征に来てこのカットを写せれば最高の遠征です。

広角から順番に写しました。

d0053309_15411005.jpg
d0053309_15413525.jpg
d0053309_15422220.jpg
d0053309_15415839.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2017-01-27 15:44 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(0)

北海道遠征2日目の早朝

4時30分に起きて釧路のホテルを出発し音羽橋に行く。

到着すると-22度でケアラシが凄く丹頂が見えない、カメラに600mmレンズを取り付け防寒用のカバーを取り付け待機して、もう1台のカメラに24mm~105mmのレンズを取り付けタイムラプスの設定を5秒間隔にセットして暗い時間から太陽が昇るまでシャッターを切り続ける。

結局、暗い時間から待機して太陽が昇り逆光になるまで丹頂はケアラシの中で見れませんでした。

若干明るくなったが丹頂はケアラシの中です。

d0053309_21554303.jpg
良い時間帯に一瞬だけ薄ら丹頂が見えて連射した後、動画のスイッチを押し数秒で霧の中でした。
このカット写せたので良しです。
友人のTさんは車の中でした。
d0053309_21570664.jpg
太陽が昇り逆光になった時に丹頂は見えてきました。
でも幻想的な色合いで悪くはないと思います。

猛禽が飛んできたが丹頂は動じませんでした。(猛禽を拡大して見たが分かりません)
d0053309_21595659.jpg
d0053309_22011669.jpg
d0053309_22014049.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2017-01-25 22:01 | 北海道の野鳥 | Trackback | Comments(0)