カテゴリ:カメラ機材( 30 )

Google の Nikcollectionが無料になりました。

フォトショップでプラグインができる画像フィルター、GoogleからNikcollectionが無料配信になりました。

フォトショップのフィルターの中にプラグインでNikcollectionが追加されます。

Nikcollectionの中には8種類のフィルターがあります。

1 Analog Efex Proは色々なクラシックカメラ調
2 Color Efex Proはクリエイティブな作品
3 Silver Efex Proは色々なモノクロ写真
4 Vivezaは画像マスクなしで調整したい場所の調整が出来る。
5 HDR Efex Proは簡単に芸術的なHDRを作成できます。
6 Sharpener Proは細かな画像シャープ
7 Dfineはコントラス調整やカラーノイズ低減

以上のフィルターから微調整が出来て無限に変えられます。

無料でこの様なフィルターがフォトショップで使用できます。

5番のHDR Efex Proが興味あり使用してみました。
HDRは3枚の明るさが異なった写真を1枚にするが、1枚の写真で簡単に作成できます。


原本の写真です。

d0053309_10082523.jpg
HDR Efex Proで28種類ある自動で行う中の協調2を選びました。

微調整は色々出来そうなのですが説明書を見ないと分からないので自動で簡単に行いました。

色々な自動調整がありソフト調も良かったです。

d0053309_16322212.jpg


[PR]
by tsuchiya32s | 2017-08-09 06:00 | カメラ機材 | Trackback | Comments(0)

KIRK 一脚用雲台 MPA-2Nを600mmレンズをセットする。

KIRK 一脚用雲台 MPA-2Nは395グラムと軽いです。

現在使用していたジッツオの鉄の思い三脚と雲台はザハトラーFSB8Tの合計が8.3キロです。
600mmレンズとカメラを載せると15.3キロです。

撮影を始めた時は山を登っり歩いての撮影も如何にか大丈夫でしたが最近は、厳しくなったので歩いて撮影用に機材を軽くします。

車から降りてすぐの撮影は今まで通りで鉄のジッツオとザハトラーFSB8Tの組み合わせは野鳥撮影に最高のセットです。

KIRK 雲台 MPA-2Nは一脚用で回転が出来ないのでパノラマ雲台を購入しました。
d0053309_17333438.jpg
KIRK 雲台 MPA-2Nとパノラマ雲台を取り付けました。
d0053309_17351176.jpg
ハクバのカーボン三脚は風景用に10年位前に購入していてジッツオで言うと2型と3型の中間くらいの太さで軽く、取り付けました。
問題なく600mmレンズと5DマークⅢを載せて使用できます。


d0053309_17381823.jpg

カメラをセットしてロックレバーで固定し触ってみると少し、揺れます・・・アレ

三脚と雲台を外し良く見ると雲台は大ネジ(3/8インチ)で三脚部は一般的な小ネジ(1/4インチ)で大ネジから小ネジに変換するネジをパノラマ雲台に取り付けたがネジの頭部分が若干、出ている為にぐら付いたようです。
d0053309_17452479.jpg

良い方法ないかと思いシマホに行き探したら良い物がありました。
購入して家に帰り取り付けると穴が小さく入りません(汗)

シマホに再度行きドリルをお借りして穴を大きくしました。
d0053309_17475127.jpg

家に帰って三脚と雲台の中間に取り付けるとびったりでグラグラがしなくなりカメラを固定してゆすってみても動かなくなり止まり物の撮影も大丈夫そうです。

4月に軽くなったキャノンの428のレンズを購入予定で三脚もカーボンの3型を購入予定でしたがハクバの三脚で十分と判断しました。

歩いて撮影が楽になりそうです。又、ヒコーキ遠征で持ち込みが何時も22キロ位になりの重量オバーで2キロを減らすのに苦労していました。
冬の北海道遠征は特に重量オバーになるが20キロ以内に収まりそうです。
d0053309_17500011.jpg


[PR]
by tsuchiya32s | 2017-03-06 18:04 | カメラ機材 | Trackback | Comments(2)

KIRK 一脚用雲台 MPA-2N

車での撮影で現地が直ぐの場所は今まで使用している、ジッツオの鉄の思い三脚と雲台はザハトラーFSB8Tを使用しています。
重さがジッツオの鉄の三脚が6.2キロで雲台が2.1キロで合計8.3キロとカメラの5DマークⅢにバッテリーグリップを取り付けバッテリー2個で約7キロで総重量が15.3キロ
で以前は担いで奥日光を長い距離を歩いての移動していましたが、最近はしんどくなったので軽量化を考えだしました。

ヒコーキでの遠征でも機材が重量オーバーで別料金が発生するので苦労していましたが三脚の重量が軽くなるとヒコーキの持ち込み重量の20キロ以下になります。

なので機材全てをを入れ替えようと思います。

初めに雲台を購入しました。
KIRK 一脚用雲台 MPA-2Nは重量が395グラムで一脚用で回転が出来ないので次にパノラマの台を購入しますが之も軽くジッツオから比べると3分の1です。

レンズはキャノンから望遠レンズが軽くなったので428を検討しています。
三脚はジッツオの3型カーボンを考えています。

KIRK 一脚用雲台 MPA-2Nは36キロまでの重さが載せられるので決定しました。

三脚を購入して準備完了になったら600mmレンズを付けてテストします。(お待ちください)

d0053309_10470709.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2017-02-15 10:48 | カメラ機材 | Trackback | Comments(0)

600mmレンズ 飛行機持ち込みリュック 

マンフロット BUMBLEBEE-220PLを購入しました。

野鳥撮影で北海道や沖縄遠征の時、カメラやレンズを預けるのが怖く機内に持ち込みます。

今まではNikon製のリュックで発売して居なく古くなりました。
600mm・カメラ2台・ズームレンズ2を収納して機内に持ち込んでいましたがザイズはオーバーですがカメラ機材という事で多めに見てくれ持ち込みました。

中央に600mmレンズ・上の左右のポーチにカメラ2台・下のポーチにレンズ2台です。

4つのポーチが大きく横幅がオバーで不安な気持ちで何時もゲートを通過させました。

一回引っかかったのは重量オバーでした。

d0053309_22130411.jpg
ネットで機内持ち込みと検索すると丁度良いサイズがヒットするが私のキャノン600mm F4 IS USM約2cm位長くバックに入りません。

400mm・500mmなら大丈夫で又、Nikonの600mmレンズはギリギリ収まりキャノンの新型レンズのキャノン600mm F4 IS Ⅱ USMは入るようです。

新都心のヨドバシカメラに行った時、新発売のマンフロットで私のレンズが入りそうなリュックがありサイズを見ると内寸サイズで入る事が分かりました。

マンフロット BUMBLEBEE-220PL バックパックを購入しました。

これで600mmとカメラ2台・レンズ2本入ると思い家で入れて見たら入るがチャックが壊れそうで・・・レンズ2本は入れるのをやめました。

600mmレンズとカメラ2台は収納して、底部分のスペースに小物が入るのでレンズのレイン他を入れます。

でも600mmレンズとカメラ2台は収納できるのでヒコーキの遠征用に十分です。

ヒコーキ以外は今使用しているNikonのバックを使用します。


d0053309_22285836.jpg
600mmとキャノン5DマークⅢ・7DマークⅡを収納してチャックを占めた状態です。
d0053309_22314497.jpg
キャノンの428ならカメラを取り付けて収納できます。

背負った感じは体にマッチしてベルトもしっかりで体にぴったりで軽く感じます。

d0053309_22343073.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2016-11-30 22:50 | カメラ機材 | Trackback | Comments(0)

600mm使用時 低速シャッターのブレ防止簡易機材

8年位前ですがオオコノハズクの飛び立ち前に大きな目を開く時間帯はシャッタースピ―ドが低速でブレが量産で写す事がが出来ませんでした。

その時に、ひらめいた事があり、軽い木材でブレ防止機材を作って撮影したら1秒のシャッタースピードでブレないで撮影出来ました。

滅多に使用しないのでお蔵入りになり無くなっていました。

最近、1秒で写したい被写体があり、以前作ったブレ防止を作りました。


8年前に写した1/4秒で写したオオコノハズクです。
ライブビューにしてレリーズで写した写真です。


d0053309_19111002.jpg
軽くしたいので発泡スチロールぜ作ってみました。

今回だけの撮影なので簡単に作りました。

d0053309_19153377.jpg
d0053309_19155741.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2016-11-13 19:16 | カメラ機材 | Trackback | Comments(0)

キャノン5DマークⅣでAdobe DNG Converterをテスト

本日、友人のTさんがキャノン5DマークⅣを貸してくれるとの話でAdobe DNG Converterをテストが出来ます。(有難うございました。お礼はないですよ(笑))

私の使用しているソフトがアドビーのフォトショップCS6です。

フォトショップCCがバージョンアップされ私が使用しているフォトショップCS6のカメラのRAWは最新カメラのRAW現像が出来ません。

フォトショップCS6でのカメラのRAWでの最新アップグレードは4月で中止になり、キャノン5DsまでがRAW現像が出来ます。

最新のキャノン5DマークⅣのRAWの現像はフォトショップCS6で出来なくなりました。

Adobe DNG Converterバージョン(9.70)は古いバージョンのフォトショップでも現像できると聞いていたがマークⅣのカメラは持っていないので試す事が出来ませんでしたが本日お借りしたマークⅣでカワセミを写して来ました。



Adobe DNG Converterバージョン(9.70)を立ち上げました。
フォルダー作りにキャノン5DマークⅣのRAWを入れ保存場所を同じホルダーにしてファイル拡張子をDNGにして変換をしました。

d0053309_15251884.jpg

無事にアドビーのフォトショップCS6でRAW現像が出来る拡張子になりました。

d0053309_15302665.jpg
フォトショップCS6のカメラRAWを開くと上の段に見える変換していないキャノン5DマークⅣのRAW画像は表示が出来ないが下の段のDNGで変換した画像はひ表示されました。
d0053309_15344611.jpg
マークⅣで変換したRAWを見ると画像サイズが36.71MBあるがDNGで変換した画像サイズは33.04と多少小さくなっていました。

フォトショップCS6で現像できました。

フォトショップCCから1か月契約でネットで支払いなのでお金を支払い続けなくてはならなく私の腕ではフォトショップCSで十分の機能でバージョンアップする必要が無く、最新カメラのRAWが現像できなくなから高額な金額を払いアップブレードするなんて考えられません。

Adobe DNG Converterは新しいカメラが発売されるとバージョンアップしてくれるようで最新のフォトショップにバージョンアップしなくてフォトショップCS6を使用続けられます。

パーッケージ版購入して良かったー

私としては以前のフォトショップCSで機能は最高でその時代にAdobe DNG ConverterがあればフォトショップCS6は購入しなかったですね。

キャノン5DマークⅣの最新カメラのRAWの現像が出来ました。

友人から借りたキャノン5DマークⅣの設定がISO4000になっていました。
画像を100%で確認したがノイズが気にならなくビックリしました。
暗い時間帯の撮影でなかったが日陰の撮影でシャッタースピードを稼げたいときは最高ですね。

ノイズ処理が良くなっているんですね。

d0053309_15563573.jpg



[PR]
by tsuchiya32s | 2016-11-05 16:04 | カメラ機材 | Trackback | Comments(0)

Adobe DNG RAW

Adobe PhotoshopのカメラRAWで各社の最新カメラのRAWに対応したDNG ConverterがAdobeから無償で提供されています。

アドビーのフォトショップCS6を使用して写したRAW画像をフォトショップのカメラRAWで現像しています。
フォトショップCCに変わった時にカメラRAWの現像ソフトのバージョンアップが停止になり新しいカメラのRAW現像が対応しなくなりました。


Adobe Photoshopは14年位前から使用しています。

Photoshop 5から始まり2003年のPhotoshop CSを使用してこれ以上必要がない位に完成されてズーット使っていました。

私はRAWで撮影していて現像はキャノンのDPPとPhotoshop CSで現像していました。

PhotoshopのカメラRAWは優秀で色々な事が出来重宝していましたが、バージョンがアップされた時に、古いPhotoshopは新しく発売するカメラのRAWが対応しなくなります。

Photoshopを最新にしないと駄目でした。

カメラRAWだけを新しくする為に高い金額でPhotoshopをグレードアップするなんて・・・RAWを現像するのはキャノンの純正ソフトで十分と考えていました。


パッケージ版はCS6で終わりという事で最後のPhotoshopCS6パッケージ版を昨年購入しました。

Photoshop CS6のカメラRAWは色々な補正が出来てその中でも一部の色調整や明瞭度の調整が気に入っていて特に色合いを淡くする明瞭度は私のお気に入りでした。

明瞭度の調整をする為にPhotoshopCS6のカメラRAWを使用しているといっても良いです。

一部の色調整などはPhotoshopCS6で十分に同じ事が出来るが、明瞭度の画像の色合いを淡くする操作をPhotoshopCS6で操作するのは大変でコントラストを落としたり色々行うが旨くできなく、PhotoshopCS6のカメラRAWなら簡単にできます。


2016年の4月だと思うがカメラRAWのバージョンアップの配信が終了と分かりカメラはキャノン5DsRまではRAW現像が対応するが現在発売しているキャノン5DマークⅣからRAW現像が対応していません。

今持っているカメラは対応しているので良いが新しく購入するカメラは対応していないのでキャノンの純正で処理しようと考えていました。


Adobe DNG RAWがあると情報を受けまた、DNG Converterは無料で提供されていると聞きダウンロードしました。


DNGは、RAWをAdobeが提唱する標準フォーマットとして保存でき、最新のカメラもDNGで保存すれば、PhotoshopのカメラRAWで現像できます。

最新はバージョン9.7でキャノン5DマークⅣのRAW現像に対応しています。(最新バージョン版は日本のアドビーではまだなく、アメリカのアドビーからダウンロードしました。)

各社の最新カメラのRAWに対応したDNG ConverterがAdobeから無償で提供されています。

フリーソフトではないです。

DNG Converter、は最新カメラが出るとバージョンアップしてくれるので、ずーーっとPhotoshop CS6を使い続けます。




[PR]
by tsuchiya32s | 2016-11-02 21:18 | カメラ機材 | Trackback | Comments(0)

カメラ液晶保護 ガラスフィルム

今までデジタル一眼を購入して液晶保護フィルムは使用しなく、傷も付きませんでした。

私のスタイルで三脚を使用して撮影が多く風景を手持ちで写してもカメラを手で持ち写していました。
なので何十年もカメラの液晶に傷がつく事が無かったです。

1年位前にキャノン5DマークⅡにレンズを取り付け首にぶら下げ1日歩き風景や野鳥を写す機会がありました。

家に帰って液晶を見たら傷がついていて、よく考えたらズボンのバックルに当たり擦れたようでキズが付きガッカリして次からは注意しながらぶら下げて撮影したがキズが付きますね。

d0053309_21142536.jpg


キャノン5DマークⅢと7DマークⅡは注意しながら使用していたのでまだ、液晶に傷がついていないのでもしかを考えカメラ液晶保護フィルムをネットで探していたらガラスフィルムが安く値段だったのでネットで5D・7D用と2枚購入しました。

1枚、1000円で購入しました。
d0053309_2115981.jpg


液晶に張り付ける時の説明でカメラの液晶をアルコールが付いている紙で拭いて水分をふき取り、ゴミ取りテープを液晶に貼りゴミを取りガラスフィルムを張りました。
d0053309_21224670.jpg


綺麗に貼れて簡単でした。
d0053309_2122411.jpg


d0053309_21222064.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2016-09-11 21:23 | カメラ機材 | Trackback | Comments(0)

PENTAX イメージセンサークリーニング

カメラのセンサーのゴミには何時も注意しています。

センサーにゴミが付いている場合、空を写した写真などではっきり分かります。
その他は気にならないが気になるごみはソフトのスタンプツールで消せますが、映像の場合は画像が動くのでゴミが凄く気になり、映像が動くとゴミも動き気になり映像はボツです。

映像は少しでもゴミがあると台無しで何時もカメラセンサーを点検しています。

センサーにゴミが付かないようにレンズ交換の時は注意してカメラのレンズ面を地面に向け急いでレンズ交換して風がある時はレンズの交換はやめておきます。

以前はミラーのゴミが気になるとカメラ内をブロアーで清掃していた時があったが、その時期はセンサーに良くゴミが付きキャノンのセンターに持って行き綺麗にしていました。

色々な人に聞くとカメラ内をブロアーで清掃するとセンサーにゴミが付くと言われミラーに付いたゴミは写真に写らない為に大きなゴミ以外は気にしないで、なるべくブロアーの使用はやめたことによりセンサーにゴミが付くことが少なくなりました。


キャノン5DマークⅡ・キャノン5DマークⅢ・キャノン7DマークⅡをセンサーに付くゴミを確認しました。

確認方法はレンズの絞りを22まで絞って空に向けてピントを、づらしシャッターを切って写した写真をパソコンで拡大して見ます。

キャノン7DマークⅡはセンサークリーニングが良くなって購入してからゴミが付くことは無く、使用しています。
今回も全くゴミは、ついていません。

4年前に購入した5DマークⅢと、もっと古い5DマークⅡはレンズ交換する時に気にして接続するが、ゴミは多少ですがセンサーに付いいる時があります。

5DマークⅢの点検をしたら気になるゴミが一ヵ所、5DマークⅡは気になるゴミは一ヵ所で端っこに小さいゴミが2か所で1年前に購入した7DマークⅡは全くセンサーにゴミが付いていないので良くなっていますね。

5DマークⅢのセンサーで画面向かって中央の左側に一ヵ所ゴミが付いています。
分かりづらいが映像だったら気になります。

d0053309_14224068.jpg


上の写真の拡大です。
d0053309_1422497.jpg


私の使用しているセンサークリーニングキットでPENTAX製でゴミをしっかり取り除いでくれます。
綺麗になりました。

失敗例はスタンプ部をセンサーに押してクリーニングしたらクリーニングシートでゴミを落とさないと最悪になります。
センサークリーニングを購入して初めて使用した時はゴミを増やしていましたが二回目から上手にクリーニングできるようになりました。

一回、一回、クリーニングシートでスタンプ部をふき取れば最高のアイテムです。
サービスセンターに持って行く時間と費用が必要ないので購入して良かったです。

d0053309_13333987.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2016-09-01 14:23 | カメラ機材 | Trackback | Comments(0)

キャノン5DマークⅣ発表

キャノンかから5DマークⅣが発表されました。
d0053309_13305864.png
キャノン5DはマークⅡからマークⅢと購入して行きマークⅣが出たら購入を考えていました。

キャノン5Dsが発表された時に購入を考えたが5DマークⅣのスペックを見てから考えようと思っていました。

5DマークⅣの噂が出た時、映像が4Kとシャッタースピードが秒9コマとのうわさがあった時に5DマークⅣの予約を確定しました。

最近になってシャッタースピードが7コマとの噂があり・・・

昨日5DマークⅣの発表で約3040万画素は納得し、噂で秒9コマを聞いていたので楽しみに待っていましたが、最高約7.0コマ/秒ではマークⅢと大して変わらないのでガッカリしました。

5DマークⅣの値段が今現在の最安値で42万390円位で高すぎです。(秒9コマなら購入しました。)

5DsRが今は40万円前後なので風景を写す私は約5060万画素で秒5コマの5DsRを予約することを考えています。

野鳥撮影のカワセミ・ヤマセミなどの早い動きがの撮影が必要な時は7DマークⅡの1.6倍と秒10コマのカメラで撮影とその他の野鳥撮影はキャノン5DsRを購入して風景の中の野鳥写して行こうと思っています。


5DマークⅢのシャッターを交換したばかりで又、当分、サブカメラで使用します。


[PR]
by tsuchiya32s | 2016-08-26 14:47 | カメラ機材 | Trackback | Comments(0)