里山のサシバ

新潟の塩沢はコシヒカリの中でも最高級のお米で水も良く気象も寒暖差がありお酒も有名な酒が多いが塩沢の地酒を購入して来ました。
TSUCHIYA 別館


4月27日に妻の実家新潟に行って来ました。

家を出たのが21時で空は曇り空で天気予報は新潟は雨の予報でした。

ゴールデンウィークの初日で夜中の22時過ぎでも車は多くサービスエリアは車で一杯で群馬に入ると雨が振り出しトンネルを抜けて大雨かなと思っていると小雨で周りは雪景色で新緑はありません。

妻の実家に23時30分に到着して日の出は写せないと思いお酒を頂、1時に寝ました。

朝起きると曇り空で6時に出発です。

セブンで食料を購入して車を走らせると小雨になり野鳥撮影は駄目と判断して風景をメインにして感じた風景があると車を止めて風景を写していました。
d0053309_12102713.jpg


立ち寄った風景場所で色々なアングルを写していると谷間からサシバが飛んで来て餌を探しているようで良い場所に止まりました。
急いで車に戻り600mmをセットして止まった場所を見ると居ません・・・周り探すと飛んでいるサシバを確認して止まっている場所見ると良い場所で慌ててシャッターを切りました。

シャッター音はカッシャと遅く、ISOは100でブレブレ・・・感度を直すと又飛ばれ止まる場所を確認して写すが餌を食べていて数枚写し、アングルが良くなったので動くと飛ばれました。(汗)
写真を確認するとブレブレで如何にか2枚ピントが合ったが良いアングルではないがこの様な雰囲気の場所でサシバが写せて成果ありです。
d0053309_1251208.jpg


飛ばれて遠くに止まったサシバでこの場所から動かないので移動です。
d0053309_12532088.jpg


妻の実家の裏山は雪が多く全く鳥の声が聞こえません。
雨が降っているし野鳥が動かないことは分かっていて条件が悪く縄張り争い前で囀りが無く見付ける事が出来ません。
結局風景を写している時にオオルリが目の前に居て飛ばれたりで夏鳥は居るのが分かるがまだ早いですね。

結局、野鳥撮影はサシバのみで夏鳥は見ただけでした。
雨の中、芽が出たばかりのブナ林を写し終了です。
d0053309_125763.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2013-04-28 13:01 | 猛禽類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsuchiya32.exblog.jp/tb/18658277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< タマシギの夫婦 菜の花とカワセミ >>