夕日の白鳥をスローシャッターで写す。

塒で帰る白鳥をスローシャッターで狙いました。

シャッタースピードを固定して10/1秒から60/1秒まで写しましたが綺麗な流れ方は20/1秒以下が流れ方が一番綺麗ですが白鳥は微妙に首を前後しながら飛ぶのでピントが厳しく遅くなればなるほど確率が悪くなります。
でも100カット写して1枚ピントが来れば嬉しくなります。(数打てば当たるです。)

逆光撮影の楽しみは暗い部分に白鳥が通過した時にアンダーで写すと背景が黒くなるので何時も狙っています。


露出はマニュアル撮影で水面の飛び立ちと黒い部分に鳥が入った時では露出が3以上違って来る為にファインダーの表示を見ながら+-補正をしながらシャッターを切ります。

白鳥は飛びが遅いのでファインダーで鳥を見ながら流し撮りし露出を確認して補正しながらシャッターを切れます。
たまに、頭混乱して逆にしてしまう事が多いです。(汗)
d0053309_9332911.jpg


d0053309_9334463.jpg


d0053309_9335739.jpg

[PR]
by tsuchiya32s | 2013-02-15 09:34 | 栃木県の野鳥 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsuchiya32.exblog.jp/tb/17833546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 20/1秒で白鳥の流し撮り お山でレンジャク撮影 >>