カワセミの給餌

今日は仕事明けで雨が降っていた撮影に行けないし農作業も出来ない為に家でゆっくりです。
2日前にカワセミの求愛給餌を写したが夜から仕事の仲間と飲み会で飲みすぎて家に帰って来てダウンし次の朝に仕事に行き夜勤が終わり家に帰って来ました。

8年ぶりにカワセミの給餌を写せて本日、現像が終わりブログにアップしようと思った時に直ぐに終わってしまうので8年前の出来事を書くことにしました。


野鳥撮影は8年前の3月に秋ヶ瀬公園でカワセミとアカゲラを見てから野鳥撮影に嵌まりました。

グジャグジャの枝の中に止まったカワセミを写し喜んだことを思い出します。

仕事が明けの日と休みの日に用事が無い時は秋ヶ瀬公園に行き1日粘って数回来るカワセミを待ち大きく写すことだけ考えていました。

風景写真を行っていたのでカメラは大判・中盤・EOS 1と持っていたが、その中の長いレンズは中判のマミヤRB67の600mmとペンタックス645の300mmレンズでした。

中判で写すことは厳しいのでキャノンEOS 1に取り付けられるアダプターを探すと持っているレンズでペンタック用があることが分かり高額で購入してペンタックス645の300mmレンズに純正の2倍テレコ付けリバーサルフイルムで撮影していました。
現像が待ち遠しくカメラ店に行き出来上がった写真を見ると・・・唖然・・・テレコを取り付けてレンズはF4ですがスローシャッターでブレブレ量産で全てボツ・・・フイルムを沢山消耗しました。(汗)

又、カワセミが小さく駄目なことが分かり如何するか考えているとキャノンからEOS 10Dが発売し初めてのデジタルカメラを購入することにしました。
同時にEF100~400mmとケンコウの3倍テレコを購入して大きく写そうと考えていましたが撮影し画像を見ると全く駄目で露出がメチャメチャでケンコウの3倍テレコは駄目と判断しました。

風景用にキャノン純正の2倍テレコを持っていたので取り付けると如何にかカワセミを写せるようになりました。

仕事明けと休みで1ヶ月に15日位撮影に行き夢中になりました。
ある程度上手になり、撮影を始めて2ヶ月過ぎると拘りがでてキャノンの純正の2倍テレコはピントが甘い事が分かり1.4倍テレコを購入して撮影したらバッチリでした。

結局、野鳥撮影を始めて8ヵ月後にFE600mmのレンズを購入して1.4倍テレコも納得できづ、テレコは付けないで撮影していました。
約、3年前にキャノン5DマークⅡが発売して気に入って5DマークⅢとなりました。
キャノン5DマークⅡのフルサイズにEF600mmを取り付けた時、風景と野鳥には最高のマッチングと思い良い出会いをしました。

5DマークⅡの秒速3.9も全然問題が無く野鳥撮影を始めた時のように連射しないので最高の武器を頂いたと思いました。

キャノン5DマークⅢが発表されたとき画素数は大して変わらなく皆さん不満があったようですが私はこの画素数でA3ノビでプリントして全く問題なく、トリーミングも出来これ以上画素数を大きくすると野鳥撮影では厳しくなります。
AFも格段に良くなって秒速も6コマとなりノイズの実験したら良くなってビックリでした。(後日アップします)

話を戻しますが、8年前にカワセミ撮影を始めてカワセミの求愛給餌を写してからはカワセミの飛び・ホバに夢中で1年位はカワセミだけを狙ったが他の鳥に興味がでてその後は色々な野鳥撮影をしました。

写せない時期はカワセミにお世話になりホバと飛びの撮影に行く感じでした。

野鳥撮影を始めて8年がすぎて沢山の野鳥を写しました。
野鳥撮影も3年がたつと沢山の種類の野鳥を写すことが出来又、野鳥を大きく写すことも出来ました。

4年が過ぎた頃からデジタルカメラも性能が良くなりで風景も写すようになり又、高画質のカメラが発売されてもう一度野鳥をを取り直そうと思いました。
今度は風景の中の野鳥を写す事と考え今も風景と野鳥を狙っていますが自分が考えている写真が中々写せなく之からも課題です。

風景と野鳥で春夏秋冬の自分で納得した1年の作品を作ろうと思っているが4年が過ぎても全然駄目です。

春と冬の雰囲気のある写真はある程度あるが、まだまだ、数枚がヤットで、夏と秋の写真は1枚も納得した写真はありません・・・何時になるかなーー。

自分で難易度を高く設定しているし、妥協する事も考えていないので厳しいかな・・・・野鳥撮影は生き物だし、自然も条件がそろわないと駄目だしな~。

ぼやきは終わりにして8年ぶりに写せたカワセミの給餌です。

メスのカワセミが巣穴から出て枝に止まりオスのカワセミを呼びました。
するとオスが飛んできて近くに止まり様子を見て又、餌場に飛んで行き直ぐに餌を捕獲して戻って来ました。
絶好のチャンスでドキドキです。
d0053309_1140538.jpg


このカットの時にシャッターを押しっぱなしでバッファフル・・・ヤバイ
d0053309_11423032.jpg


給餌が始まったらバッファフルなのでCFに記憶されるまでカシャン・カシャンでした。
d0053309_11434874.jpg


給餌が終わりオスのポーズです。
d0053309_1145350.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥写真 ブログランキングへ
[PR]
by tsuchiya32s | 2012-04-27 11:45 | カワセミ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tsuchiya32.exblog.jp/tb/15783579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kurome at 2012-05-04 00:05 x
8年ぶりのカワセミ給餌ですか。私はまだ4年ほどしか鳥を撮っていないので、遠く及びません。8年間の思いが詰まった文章だと思いました。さて、「絶好のチャンスでドキドキ」と「バッファフル」の言葉が、ことtきの興奮を伝えてくれていて、気持ちが伝わってきます。このドキドキがあるから、やめられないんですよね。コメント被害のお話も読ませていただきました。私のところには、アダルト系というのか卑猥なものが山のようにきます。
Commented by TSUCHIYA at 2012-05-05 13:36 x
kuromeさん、今日は。
カワセミの求愛給餌は久しぶりです。
丁度この時期は夏鳥撮影で忙しくなってくる時期で遠征が多かったです。
雛の撮影も8年前しか写していないので今年が勝負と思っています。

コメントは管理者の権利で数年前から返信なしで削除しています。
返信すると色々な事が起きるので・・・(汗)
<< カワセミの求愛給餌 花とオオルリ >>