渓流でカワセミ撮影

久々にカワセミ撮影で暗い時間帯から夕方まで撮影しました。

太陽が昇る前に到着してカワセミを写したがこの様な条件でも拘りを持ってISO100で撮影をしました。

キャノン5DマークⅡで1秒以下のシャッタースピードの撮影は以前から実験済みで鳥が動かなければライブビューでビントを確認してライブビューのままでレリーズでシャッターを切ればぶれない事が分かっています。

デジスコと同じ条件で写せるので重宝してます。

スローシャッターの石に止まった早朝のカワセミです。
この条件の色合いが好きで目にキャッチが入らないがそれも自然です。
d0053309_10425615.jpg



朝の雰囲気が出たと思います。
d0053309_10434054.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsuchiya32s | 2011-11-05 10:44 | カワセミ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tsuchiya32.exblog.jp/tb/14886606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by coraltree-37-11 at 2011-11-06 10:00
ピラカン―カワセミも素敵ですが、こうした自然な感じの中のカワセミ、私は好きです。
朝靄がうっすらかかる川辺で、枯れ草に留るカワセミのしっとり感、
Tsuchiya Worldですね。
ISO 100ですか、以前プロの方とお話しした時、どんなに暗くてもISO200以上は上げないとお聞きしましたが
ただ写すことに精いっぱいの私には、学ぶべき課題山積です。
Commented by TSUCHIYA at 2011-11-07 09:43 x
coraltreeさん、今日は。
今の時期からは私の原点であるカワセミ撮影になります。
これからの時期は野鳥が写せなくなるのでカワセミは貴重ですね。
始めた頃のスタイルと今では全く違うので色々な楽しみをしています。
<< 水面の輝きとカワセミ 最高潮になったピラカンサスとカワセミ >>